ちょっと思ったこと。

歯ブラシについて、ちょっと思ったこと。

歯ブラシ

歯ブラシは、

使い捨て。

 

歯ブラシは、毎日何回か使います。

ホントはずっと使いたいけれど、

消耗品で、使い捨てのイメージもあります。

 

 

口の中を清潔にするために、

歯にこびりつこうとする、食べかすをかきだします。

そのままにしてしまうと、食べかすが歯垢になり、

いずれ虫歯や歯周病になります。

 

 

歯というのは、何十年も使うものです。

虫歯や歯周病になってしまっては、

途中で使い物にならなくなります。

 

 

ずっと使うものなのに。

歯が途中で駄目になったら、

入れ歯をしないといけません。

 

そうならないために、歯ブラシが必要です。

毎日のブラッシングで、食べかすをできる限り取り除きたいところです。

ここは、歯ブラシに頑張ってもらう必要があります。

 

 

その歯ブラシも、

ある程度使うと、毛先がバラけて性能が落ちます。

つまり、食べかすを取り除くことがしづらくなるわけです。

それは困ります。

 

買い換えればいいだけですが。

歯ブラシはそれでいいのか?

そんな事を考えたら、

歯ブラシは、それを望んでいるのかもという気持ちになります。

 

自分が生まれた理由のままに、

その役目を果たして捨てられる。

それは、本望ではないかと。

 

消耗品であっても、

それはとても良いのではないか。

役目を果たしたのだから。

 

 

ただ、利用者が虫歯になったり、歯周病になったら。

役目を果たせてないということかもしれない。

それはちょっと悲しい。

 

歯ブラシは歯ブラシとして、

役割が果たせれば、それでいいのかもしれない。

歯ブラシ。

 

 

 

 

-ちょっと思ったこと。

© 2020 goodli