ちょっと思ったこと。

夜景について、ちょっと思ったこと。

夜景

夜景に包まれる。

 

真っ暗な闇の中で、

光り輝く宝石のような夜景。

 

輝きというのは、闇の中でこそ価値を持つ。

どんなに宝石が輝いても、光の中では価値は薄い。

 

光が織りなす、その価値は。

目から脳に入り込む。

 

夜景は、独占はできない。

独占できないけれど、脳には入る。

脳の中で、その輝きが記憶として残る。

 

夜のそよ風。

昼に比べると、ひんやりしている。

しずかな、世界。

昼に比べると、静かな世界。

 

あたりは闇。

心細くなる闇。

その闇の中で、神々しい光が目に飛び込んでくる。

 

その夜景の宝石は、誰のために輝くのか。

独占できないその光は、人々の心を浄化してくれる。

夜景には、そのつもりはない。

 

それぞれの店やオフィスの光の集合体だから。

でも、

闇の中ではその光が価値を持つ。

 

夜景というのは、現代のとても贅沢な宝石。

 

 

 

 

 

-ちょっと思ったこと。

© 2020 goodli