美とは何なの?

美というのは、

 

評価です。

美というのは、評価です。

 

美というのは、人が決めす。

 

同時に、自分が決めるものでもあります。

 

自分で決めるときも、じつは美は評価になります。

 

人間は、誰かに評価されて喜ぶ生き物です。

 

同時に、自分でも評価しています。

 

他人や自分に評価されて、人は存在しているのです。

 

美というのは、その中で行きていくために必須のものではありません。

 

必須のものではありませんが、大切なものです。

 

大切なものですが、同時にどうでも良いものでもあります。

 

この大切でもあり、どうでも良いものというのは、

 

人によってはこだわり抜けるものでもあります。

 

美というのは、時代とともに変わりますし、

 

逆に時代が変わっても、変化しない部分もあります。

 

カッコとしたなにかがあるようで、何も決まっていない。

 

黄金比というものがありますが、あれは一つのパターンに過ぎません。

 

ですが、

 

そこには美のなにかの要素があるはずです。

 

人は、曖昧なものをしっかりと本質の分を捉えて評価しています。

 

その評価が、美なのです。

 

なので美というのは、時として曖昧なことを指す時に使います。

 

美というのは、曖昧であっても価値がある時に使うのです。

 

美というのは評価ですから、評価してもらいたい時に現れます。

 

評価というのは、社会の中で重要な要素になっています。

 

それで、美という評価で存在感を出しているのだと思います。

 

美というのは、評価です。

 
(以上。)